- Blog記事一覧 -野球肘のリスクと治療・予防について

野球肘のリスクと治療・予防について

2019.08.20 | Category: 未分類

 

 

今現在、子供たちのケガや骨折は30年前に比べて約2倍~3倍に増えています。

最近のニュースでは50m走を走った後転んでもないのに

足を骨折していたなど…

 

親御さん世代の子供の頃では考えられないことが起きています。

 

なぜケガが多くなっているのか……

① 社会環境の変化などによる運動不足

② 栄養摂取量・食事の習慣の変化

③ スマホやゲームの普及による姿勢の変化  など

●野球肘が起こる動きと原因

●野球肘の種類と痛い場所

 

 

一昔前までは根性論みたいなものが多く
水は飲まない
練習は休むな!
という文化がありましたが、最近は徐々に無くなりつつあります。

私自身野球をやっていましたが肘の痛みで悩まされていました。

病院に行ってもレントゲンを撮って野球肘と診断され薬とシップを処方され終わりました。

 

 

 

特に、体が出来上がってない小学生~中学生まではむりをするとケガが原因で

スポーツを辞めてしまわなくてはならないということにもなりかねません。

そんな子供たちが増えないようにしたいと思っています。

とはいえ、選手達が

『試合に出たい!!』

『練習を休みたくない!』

という気持ちもわかります。

私の高校時代も部員が80人ぐらいいてレギュラー争いもすごかったです。

ケガで休んでいたり他の選手が活躍するとすぐにレギュラー落ちしました。

 

ここで言いたいのは、病院や練習が悪いのではなく野球肘や野球肩にならないように

選手はもちろん、親御さんもしっかりとしたケガや体についての知識を付けることが必要だと思います。

そして、指導と管理をしっかりすることそれがケガのリスクを最大限予防する近道だと思います。

 

球数の制限や練習後のケア、日常のストレッチなど

スポーツをやるうえで大切なことはたくさんあります。

 

 

当院では治療で痛みを改善させるのはもちろんですが、

日頃のケア・効果的なトレーニング方法など指導しけがが治った後のアフターフォローまでしっかりおこないます。

同じ競技をしていたからこそ選手の気持ちがとても理解出来ると思っております。

 

当院ではプロや甲子園を目指している選手を応援いたします!!

 

野球でのケガ、野球肘や野球肩でお困りの選手は福生市のおけ接骨院へ!!

 

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼

交通事故治療

労災・各種保険取り扱い
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善
坐骨神経痛腰痛・(ぎっくり腰)寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方

羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

 

 

 

 

 


アクセス情報

所在地

〒197-0012
東京都福生市加美平1丁目14−17 OSビル1階

駐車場

隣接2台ございます。

休診日

日曜・祝祭日 その他不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております