- Blog記事一覧 -足の裏のシビレの原因もしかして足根管症候群かもしれません

足の裏のシビレの原因もしかして足根管症候群かもしれません

2019.09.12 | Category: 未分類

こんにちわ。

福生市にあるおけ接骨院です。

今回は足の裏のシビレについてお話いたします。

 

シビレの原因は数えきれないほどあります。

 

代表例でいうと

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

・モートン病

・足根管症候群

 

血管性のものであれば

・閉塞性動脈硬化症     など…

 

簡単にあげただけでもこれだけの原因が存在いたします。

シビレで困っている方は混乱してしまうかもしれません。

ですが、それぞれの原因には検査法・シビレが出る特徴がございますので

ご自身の症状と照らし合わせてみてください。

 

 

脊柱管狭窄症は

『間欠性跛行』

というのが代表的な症状が現れます。

簡単に言ってしまうと

長時間歩いているとシビレ・痛みが出現し休むと落ち着く

という症状です。

なので、脊柱管狭窄症の方は休み休み歩く方がほとんどです。

また、シビレ痛みが腰やおしり~両足に出現することが多いです。

 

 

 

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは腰から片足にかけて痛み・シビレが出現することが多いです。

また、検査法として『SLRテスト』というのがございます。

仰向けで寝た状態で足を上げていきます。

足を上げていく中で痛みが痛み・シビレが出たり、強くなれば陽性となります。

 

続いては

 

・モートン病
・足根管症候群

の特徴をお話しいたします。

上の2つの原因と決定的に違うのが

 

『足首より下にのみシビレや違和感がでる』

 

ことです。

 

モートン病は

主に足の甲側の指にシビレがでます。

足の甲の骨と骨の間に神経が走行しています。

何らかの原因で神経が絞扼されることで症状が出ます。

ヒールや幅の狭いくつを履いていた方に多い傾向があります。

 

さて、ここから今回のブログのテーマでもある

足根管症候群についてです。

前置きがながすぎましたね。(笑)

 

足根管症候群の特徴は

足の裏のシビレが特徴です。

足の裏がピリピリする・足の裏がビリビリするなどといった症状。

また、足の裏の気持ち悪さが症状として出ることが多いです。

 

 

ですが、ほとんどの患者さんが

『足の裏にサランラップが張り付いているみたい』

『足のうらに板がくっついているみたい』とおっしゃいます。

 

 

わかりやすくお話しすると足根管というトンネルの中に

足の裏の神経や血管が通っていてそのトンネルが狭くなり

神経を圧迫するためシビレや違和感などの症状が現れるというものになります。

 

当院の治療では

1シビレを改善させるための特殊電気治療ハイボルテージ

2神経が通過するトンネルを広げるためのリハビリ

3いい状態を維持するためのテーピング

 

 

主にこのような治療をおこなっております。

 

また、人により治療期間は異なります。

ひどくないから諦めて放っておいてしまう患者さんが多い症状でもあります。

 

ですがしっかり治療を行えば改善しますので足裏のシビレでお困りの方は是非ご相談ください。

 

また、閉塞性動脈硬化症からくるシビレは外科の領域となります。

 

 

シビレの症状は糖尿病や脳の病気からくることもあります。

 

ですので、当院では問診・検査をしっかり行います。

 

内臓や脳の病気が疑われた場合専門の医療機関に紹介いたしますのでご安心ください。

 

諦めていた足裏のシビレ是非おけ接骨院で改善させましょう!!

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼
交通事故治療
労災・各種保険取り扱い
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善
坐骨神経痛腰痛・ぎっくり腰・寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方

羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

 

 


アクセス情報

所在地

〒197-0012
東京都福生市加美平1丁目14−17 OSビル1階

駐車場

隣接2台ございます。

休診日

日曜・祝祭日 その他不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております