- Blog記事一覧 - 2019 8月の記事一覧

2019 8月の記事一覧

四十肩・五十肩は安静にすべきか?動かすべきか?

2019.08.30 | Category: 未分類

こんにちは。

 

おけ接骨院の大桶です。

今回は40肩・50肩についてお話をさせていただきます。

一般的に四十肩・五十肩とは肩が動かなくなることを想像すると思います。

 

また、痛みも伴い無理にでも動かしたほうがいいのか、痛いから安静にしたほうがいいのか

悩まれている方も多いと思います。

 

結論から言うと、どちらも正解です!!

 

 

 

 

こんな言い方をするともっと悩んでしまいますよね(笑)

 

肩関節の周りにはいろいろな筋肉や靭帯(スジ)があります。

四十肩・五十肩の初期には肩関節周囲炎といって筋肉や関節・靭帯などが炎症を起こします。

痛みを感じると肩を動かさなくなります。

炎症を起こしている場合、無理に動かすと炎症の症状が助長され、痛みは強くなります。

 

肩関節の石灰沈着症の際も同じような症状が現れます。

 

その後、炎症が収まると肩の関節は拘縮期といって関節が硬くなる状態になります。

特に、腕が後ろに回らない・後頭部を触れなく髪を洗ったり髪を結んだりすることが困難になります。

 

前者の炎症を起こしている時期はRICE処置をすべきです。

RICE処置とは…

R(REST)安静

I(ICING)冷やす

C(COMPRESSION)圧迫

E(ELEVATION)挙上

になります。

つまり、炎症期には安静にし動かさないほうがいいということになります。

特に、転んだ時の打撲や捻挫でもRICE処置は必要ですので覚えておくと役に立つと思います。

 

 

後者の拘縮期には温め動かし、関節や筋肉を柔らかくする時期になります。

 

間違えてはいけないのが、周りの人に四十肩・五十肩は運動したほうがいいよと勧められ炎症期に無理に動かし

症状を悪化させ来院する方も少なくありません。

また、最初に述べたように肩関節にはいろいろな筋肉や靭帯があります。

痛めている筋肉に応じた処置・運動(リハビリ)の方法も異なりますので、

四十肩・五十肩がいつまでも治らず症状が悪化されている方は自己判断せず一度医療機関に受診することをお勧めいたします。

 

早期に治療を行った方が治りも早いので

『おかしいな!!』と思ったらすぐに医療機関に受診してください。

痛みを放っておくと治療の期間も長くなります。

酷い場合だと半年ぐらいかかるケースもあります。

 

当院では、四十肩・五十肩のお悩みに適切な処置・治療を行っておりますので安心してご相談ください。

特に、肩の痛み・拘縮にはハリ治療をおススメしています。

一人で悩まず、一緒に改善させましょう!!

 

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼
交通事故治療
労災・各種保険取り扱い
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善
坐骨神経痛腰痛・(ぎっくり腰)寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方

羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

 

 

 

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

 

物を持ち上げた時になるギックリ腰の予防法とは

2019.08.23 | Category: 未分類

皆さんこんにちは!!

おけ接骨院 はり灸院の大桶です。

まだまだ暑い日が続きますね。若い方でも熱中症になります。

水分補給はしっかりしましょう。

 

 

さて、今日は物を持った時になる腰痛・ギックリ腰についてお話いたします。

日頃からギックリ腰のクセがある方や重いものを持った時に腰が痛い人には必見ですので是非お読みください。

 

まず、ギックリ腰・ギックリ背中になりやすい方は

 

 

筋肉が硬い・体が硬い方が多いです。

 

その要因があって何かの動作が引き金となり腰を痛めてしまう人がほとんどです。

この季節だと知らず知らずのうちに汗をかきますので体の水分が失われることによって

筋肉の細胞の水分も少なくなり筋肉が硬くなりやすくなります。

 

それが要因となり余計な負荷がかかり腰痛を引き起こします。

 

この時期は特にクーラーなどで冷えやすく筋肉も硬くなりやすいので

お風呂に入る際もしっかり湯舟に浸かること、お風呂上がりには柔軟体操やストレッチを行うことも

予防には最適かとおもいます。

 

冬より夏のほうが冷え性え悩む方も多いのがクーラーのせいと言われています。

 

さて、

ここからはギックリ腰になりにくくする物の持ち方を1つご紹介いたします。

とても簡単なので覚えていただくと良いかと思います。

 

それは、

 

 

 

体の近くで物を持ち上げる事!!

 

です。

 

実際にやっていただくとわかるのですが肘を伸ばし体から遠くで物を持とうとすると

腰に負担がかかります。

逆に、体に近いところで物を持とうとすると腰に負担が少ないのです。

これは、体幹や体全体の筋肉で物支えるので腰に負担が少なくなります。

 

 

当院の患者様でも歯磨き粉を持ってギックリ腰になった方もいらっしゃいます。

 

生活の中でのちょっとしたアドバイスにはなりますがぜひ覚えておいて頂ければと思います。

 

また、予期せぬことでギックリ腰になってしまった際は早期に治療を行い酷くなる前に治しましょう!!

 

当院ではギックリ腰には鍼治療をおススメしています。

 

 

 

辛い腰痛を2~3回の施術でほぼ痛みの感じないところまで改善しますので辛い腰痛の方は

ぜひ当院へ!!!

 

 

 

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼
交通事故治療・労災・各種保険取り扱い
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善
坐骨神経痛・腰痛(ぎっくり腰)寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方

羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

野球肘のリスクと治療・予防について

2019.08.20 | Category: 未分類

 

 

今現在、子供たちのケガや骨折は30年前に比べて約2倍~3倍に増えています。

最近のニュースでは50m走を走った後転んでもないのに

足を骨折していたなど…

 

親御さん世代の子供の頃では考えられないことが起きています。

 

なぜケガが多くなっているのか……

① 社会環境の変化などによる運動不足

② 栄養摂取量・食事の習慣の変化

③ スマホやゲームの普及による姿勢の変化  など

●野球肘が起こる動きと原因

●野球肘の種類と痛い場所

 

 

一昔前までは根性論みたいなものが多く
水は飲まない
練習は休むな!
という文化がありましたが、最近は徐々に無くなりつつあります。

私自身野球をやっていましたが肘の痛みで悩まされていました。

病院に行ってもレントゲンを撮って野球肘と診断され薬とシップを処方され終わりました。

 

 

 

特に、体が出来上がってない小学生~中学生まではむりをするとケガが原因で

スポーツを辞めてしまわなくてはならないということにもなりかねません。

そんな子供たちが増えないようにしたいと思っています。

とはいえ、選手達が

『試合に出たい!!』

『練習を休みたくない!』

という気持ちもわかります。

私の高校時代も部員が80人ぐらいいてレギュラー争いもすごかったです。

ケガで休んでいたり他の選手が活躍するとすぐにレギュラー落ちしました。

 

ここで言いたいのは、病院や練習が悪いのではなく野球肘や野球肩にならないように

選手はもちろん、親御さんもしっかりとしたケガや体についての知識を付けることが必要だと思います。

そして、指導と管理をしっかりすることそれがケガのリスクを最大限予防する近道だと思います。

 

球数の制限や練習後のケア、日常のストレッチなど

スポーツをやるうえで大切なことはたくさんあります。

 

 

当院では治療で痛みを改善させるのはもちろんですが、

日頃のケア・効果的なトレーニング方法など指導しけがが治った後のアフターフォローまでしっかりおこないます。

同じ競技をしていたからこそ選手の気持ちがとても理解出来ると思っております。

 

当院ではプロや甲子園を目指している選手を応援いたします!!

 

野球でのケガ、野球肘や野球肩でお困りの選手は福生市のおけ接骨院へ!!

 

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼

交通事故治療

労災・各種保険取り扱い
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善
坐骨神経痛腰痛・(ぎっくり腰)寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方

羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

 

 

 

 

 

膝の痛みの原因

2019.08.18 | Category: 未分類

・階段を昇り降りで膝が痛い

・椅子から立ち上がる時膝が痛い

・膝が痛くて正座ができなくなった

など

このような悩みを抱えている方は少なくないと思います。

 

膝の関節は大きく分けて

 

大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節の2種類あります。

 

大腿脛骨関節は

ふとももの骨とすねの骨からなる関節で、

軟骨がすり減るとか変形性膝関節症が起こる関節です。

また、ヒアルロン注射やグルコサミンなどはこの関節に関連するものです。

 

膝蓋大腿関節は

膝のお皿の骨とふとももの骨からなる関節です。

膝のお皿(膝蓋骨)は膝の曲げ伸ばしで上下に動く特徴があり脱臼もしやすいです。

 

膝の痛みで注射や栄養剤を飲んでいるけど良くならないという方は

膝蓋大腿関節に問題がある方も多いです。

同じ膝の関節の痛みでも痛めている関節が違うだけで、

治療も予防の運動も違います!

 

また、筋力トレーニングも膝の痛みに効果的ですが、

関節や筋肉、靭帯に炎症を起こしている場合は逆に痛みが悪化することもございますので

不安な場合は一度診察を受ける事をおススメいたします。

 

当院でもひざの痛みに対しての治療を行っております。

動かしていいのか悪いものなのかはもちろん

予防の為のリハビリ・ストレッチ・トレーニングの指導も行いますので

 

膝の痛みでお困りの方はご気軽にご相談ください!!

 

 

ハリ治療・鍼灸治療・美容鍼
小学生・中学生から小児まで部活やスポーツのケガの早期改善

腰痛(ぎっくり腰)寝違え・ひざ痛・肩の痛み・スポーツ外傷でお困りの方
羽村市・福生市・瑞穂町・あきる野市で接骨院・鍼灸院をお探しの方は当院へ!!

197-0012
東京都福生市加美平1-14-17
※びっくりドンキー向かい

042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜日診療

 

 

 

 

ハリ治療はなぜ即効性があるのか?

2019.08.15 | Category: 未分類

鍼治療はなぜ即効性があるのか?

最近、ためしてガッテンなどのメディアでも取り上げられ

注目されている鍼治療ですが、

なぜ注目されているか知っていますか?

1番はやはり高い即効性だとおもいます。

鍼治療のいいところはやはり

『原因となっている場所に直接アプローチ出来る』

からです!!

肩コリであれば固くなった筋肉に

坐骨神経痛であれば神経に

直接治療することができます。

ここが高い即効性の理由です。

 

東洋医学ではツボを使う治療も多いですが、

ツボの流れを人体図と見比べても

例えば、

便秘のツボは大腸付近にあったりと

医学がはっきりしていなかったその昔から

先人たちは『ツボ』として見つけていたんです。

すごいですよね。伝統医学!!

 

当院ではそのハリ治療が受けることができます!!

『鍼が良いって聞いたけど、痛いんじゃないの?』

『使いまわしたりして衛生的に怖い。』

 

初めてハリ治療を受ける方は抵抗がある方が多いですが、

ご安心ください!!

当院で使用するハリは

完全使い捨て・髪の毛程度の細さのハリを使用しています!

 

なので、刺す時も痛みはほとんどなく

初めて治療を受けた方も

『こんなもんなんですね!』といわれる方が多いです。

 

ハリに興味はあるけど、抵抗がある方も安心して治療に受けに来てくださいね!!

福生市で鍼治療を受けたい方は是非当院へ!!

しつこい痛み・体の不調を当院のハリ治療で早期に改善しませんか?

 

 

197-0012
福生市加美平1-14-17
042-513-5787
おけ接骨院 はり灸院
駐車場・駐輪場完備
平日20:30まで受付・日曜診療

 

 

 

 

アクセス情報

所在地

〒197-0012
東京都福生市加美平1丁目14−17 OSビル1階

駐車場

隣接2台ございます。

休診日

日曜・祝祭日 その他不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております