花粉症施術

花粉症でお困りの方
花粉症施術を試してみませんか?

暖かくなってくると気になり始める花粉症。
涙やくしゃみ、鼻水などの症状はつらく、悪化すると日常生活すら困ってしまいやすくなります。
何とかしようと対策を考えられている方、接骨院で花粉症改善を促す施術を行っていることをご存知でしょうか。
接骨院では花粉症の症状を抑えつつ、花粉症になりやすい体質にまでアプローチをしていきます。

花粉症施術はこのような方におすすめです!

  • 暖かく
    なってくると
    花粉症が心配

  • 花粉症で
    涙やくしゃみ
    鼻水が止まらない

  • 市販薬を
    飲んでも症状が
    落ち着かなかった

  • 花粉症を
    少しでも
    改善したい

花粉症の特徴について知りましょう

花粉症とはどのようなものか、ご存知でしょうか?
原因から仕組みまで詳しく理解できている方は多くないと思います。
改善のためには、花粉症がどのようなものか、どうして症状が起こってしまうかということを知っておくことが大切です。
花粉症施術をより正しく把握するためにも、まずは花粉症について理解しましょう。

 

【花粉症とは】

 

アレルギー性の病気です。
季節性アレルギー鼻炎という呼び名もあります。
花粉症にかかると、鼻づまりくしゃみといったアレルギー症状が出やすくなります。
咽頭炎や喉頭炎、花粉喘息と呼ばれる症状まで引き起こす可能性もあります。

 

 

 

【花粉症の原因】

 

・植物

具体的にはヒノキ・スギ・ブタクサなどが挙げられます。
これらの植物から発生する甚大な花粉が風を媒介にして各所に舞い散り、目や鼻といった器官にアレルギー症状を生じさせると考えられています。

 

【花粉症の仕組み】

 

花粉症の要因は植物の花粉ですが、花粉を吸い込んだとしても、必ずしも花粉症になるとは限りません。
花粉症の発症には、igE抗体が関わっているためです。
IgE抗体とは、体内の抗体です。
IgE抗体は花粉に存在するアレルギー原因物質、すなわち抗原が粘膜に触れた場合に生成され、このIgE抗体が抗原を追い出そうとしてくしゃみや鼻水を引き起こさせると考えられています。
通常ならばIgE抗体の生成は抑えられると考えられますが、アレルギー体質を持っている場合は、その働きが難しくなるとされています。
そのため、花粉を吸えば吸うほどIgE抗体も増える傾向があります。
増量したIgE抗体が一定のレベルを突破した場合、くしゃみや鼻水といった症状が現れ、花粉症を引き起こすと言われています。

花粉症施術の内容について知りましょう

スギやヒノキといった植物だけでなく、igE抗体も関わっているとされる花粉症。
発症に体質も関わっていると考えるならば、花粉症は容易には改善されにくいことが分かってきました。
一筋縄ではいきにくい花粉症を、どのようにして改善していくのでしょうか?

ここでは、接骨院における花粉症施術の内容についてご紹介していきます。

 

【花粉症施術の内容】

 

・ツボを刺激する

花粉症向けのツボはもちろん、慢性扁桃炎や体質を改善すると言われるツボにも鍼を刺していきます。
鍼を刺すツボの具体的な場所としては、顔が中心です。

頭のツボ:上星
目の周辺のツボ:印堂、攅竹、睛明など。
鼻の周辺のツボ:鼻痛、迎香など。
手のツボ:合谷

 

・マイクロカレント

体内へ送る、痛みを感じにくい電気のことです。
送電により、花粉によってダメージを受けた細胞の回復が期待できるため、花粉症が改善されやすいと言われています。
方法としては、顔回りにパッドを当ててマイクロカレントを流します。
電流と言うと痛みが心配になりますが、マイクロカレントは人体に元々ある電流と同レベルの電流であることから、強い痛みを感じることは少なくなります。

 

・副鼻のアイシング

花粉症によって生じた炎症を抑える効果が期待できると言われています。

 

【施術時期】

 

花粉の季節の4週間前が妥当と言われています。
花粉はピーク以前から飛来していると考えられているためです。
そのため、今年こそは花粉症を改善したいと希望するならば、花粉のピーク時である2月や3月ではなく、それ以前の12月や1月の時点から施術を受けることがおすすめです。

 

【花粉症施術の適応症状】

 

・体質

冷え性や月経不順といった体質を、東洋医学では虚証(きょしょう)と名付けています。
花粉症になる方はこの虚証を持っていることが多い傾向があるため、東洋医学においては虚証を花粉症の原因の1つと考えています。
花粉症の改善のためには症状だけでなく、虚証という体質の改善も並行して行う必要があると考えられています。
そのため、体質の改善が期待できると言われています。

 

・慢性扁桃炎

アレルギーを発生させ、それが花粉症につながっていると考えられます。
免疫が多すぎると、アレルギーが出やすくなります。
扁桃腺身体の中で最も働いているとされる免疫器官です。
慢性扁桃炎、すなわち免疫が多くなり過ぎると、アレルギーが起こりやすくなります。

そのため、東洋医学においては慢性扁桃炎を花粉症の原因の1つと考えています。
体質と共に、慢性扁桃炎にもアプローチしていくため、慢性扁桃炎の改善も期待できると言われています。

 

・くしゃみや鼻水、目のかゆみ

花粉症の症状を和らげるため、鍼でツボを刺激して自律神経を調節し、IgE抗体を抑制します。
継続的な施術により免疫力が向上したままになることから、体質そのものが変わりやすくなります。
結果としてくしゃみ鼻水目のかゆみといった症状の改善につながりやすくなります。

花粉症施術によって症状が改善されると、薬が使う機会も少なくなりやすくなります。
薬の副作用を受ける機会も減りやすくなり、QOL(クオリティオブライフ)の向上が期待できるでしょう。

おけ接骨院 はり灸院【花粉症施術】

花粉症とは、簡単に説明すると花粉を吸い込む事により副鼻腔の粘膜や目の粘膜がアレルギー反応を起こし炎症することで鼻水や目のかゆみをおこしている状態を指します。

当院では副鼻腔の上や関連するツボにシール状のパットを貼り、花粉症の改善に特化した電気施術(マイクロカレント)を行い副鼻腔の炎症の緩和を目指します。

施術を行うことで、鼻水や鼻詰まりが改善され、目のかゆみなどの症状を抑える効果が期待できます。
施術後は目のかゆみから改善される事が多く、その後鼻水鼻詰まりなどの症状が改善する傾向があります。

 

施術の頻度としては6回を1クールで行い、3クール程度施術を行っていきます。

また、花粉症シーズンの前から予防的に行うことによりシーズン本番の症状をあらかじめ軽減される方もいます。
他にも蓄膿症花粉症以外のアレルギー性鼻炎などにも効果が期待できます。

よくある質問 FAQ

  • 痛みの伴う施術ですか?
    いいえ。痛みはない施術となりますのでご安心下さい。
  • 施術頻度はどれくらいが良いのですか?
    花粉症シーズン前からシーズンにかけてなるべく頻度が多めの方が効果的です。
  • 薬と併用しても大丈夫ですか?
    はい。飲み薬などと施術を併用して構いません

著者 Writer

著者画像
院長
オオオケ タカヤ
大桶 貴哉
所有資格:柔道整復師鍼灸師
生年月日:1988年10月3日
血液型: o型
出身: 東京都福生市
趣味: ゴルフ
得意な施術:ぎっくり腰や寝違えなど激しい痛みを伴う症状に対する鍼施術。

ご来院される患者様へ一言:
患者様に寄り添って精一杯施術いたします。
 

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:おけ接骨院 はり灸院
住所〒197-0012 東京都福生市加美平1-14-17
最寄:JR青梅線「福生駅」
駐車場:隣接2台あり
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:30
-
15:30〜
20:30
- - -
定休日:祝祭日 その他不定休