寝違えでお悩みの方へ

  寝違えでよくあるお悩み

  • 朝起きた時
    首や肩が痛い

  • 首が動かせない
    ほどの痛みがある

  • 上向いたり
    うがいをしたり
    ができない

  • 頭痛や吐き気が
    止まらない

朝起きた時の首や肩の痛み、寝違えかもしれません

朝起きた時、首や肩に痛みを感じる方はいらっしゃいませんか?

 

首が回せないほどの痛みや、痛みのために上向いたりうがいができなかったりする場合
寝違えの可能性があります。

寝違えと言うと大したことがないような印象があるかもしれませんが、寝違えは軽い肉離れの状態です。
放置すると、頭痛や吐き気に進行する場合もあります。

 

寝違えだからと軽く考えず、原因や症状などをしっかりと押さえ、対策及び予防していきましょう。

ここでは、寝違えの原因・症状・対処法及び予防方法を、詳しくご紹介します。

寝違え
改善メニュー Recommend Menu

寝違えの原因について考えましょう

寝違えは誰にでも起こる、避けられない症状であると思ってはいませんか?
寝違えになりやすい生活習慣はきちんと存在しています。
また寝違えの裏には病気が潜んでいることもあり、注意が必要です。

ここでは、寝違えの原因・症状について述べていきます。

 

【寝違えの原因】

寝違えの実態をひもときましょう。

 

・寝違えについて

首と背中の筋肉に痛みが発生する症状です。
この痛みは炎症が原因とされ、いわゆる肉離れと同じ状況です。

寝違えは痛みだけでなく、可動制限や頭痛、吐き気にも発展する可能性があります。

寝違えはある日突然、起こります。
肩こりのような慢性化した痛みではなく、突然発生するという特徴があります。

 

【寝違えはなぜ起こるのでしょうか】

 

寝違えは他の整形外科的な病気と異なり、検査を行ったとしても所見はみつからないとされています。
そのため、原因を特定することはできませんが、おおむね次のような理由によって起こりやすいと考えられています。

 

・阻血

筋肉へ届く血液が足りていない状態を指します。
特定の筋肉に血液が届かず、硬くなってしまった状態で不意に起床した場合、寝違えが起こりやすくなります。

 

【阻血の原因】

 

それでは、なぜ阻血は起こるのでしょうか?
症状が起こる原因としては、次のようなものが考えられます。

 

・肩周辺の筋肉の硬さ

肩周辺の筋肉の柔軟性が失われることで血行不良が起こりやすくなります。

 

・長時間の同一姿勢

同一姿勢の原因は、次の2つです。

飲酒・疲労:酔っていたり、疲れていたりする状態で寝ると、寝返りが打ちにくくなるため、同じ姿勢を取り続けてしまいやすくなります。

いい寝相:一見問題がないように考えられますが、寝相が良すぎると寝返りが打ちにくくなるため、やはり同じ姿勢を取り続けてしまいやすくなります。

通常、人間は意識しなくとも、寝返りを打てるようになっています。
ですが、上記の2つのいずれかがあると、寝返りの回数が少なくなる傾向があります。

寝返りの回数が減った場合姿勢を変える回数も減り、結果として長時間同じ姿勢になってしまいやすくなります。
長時間の同一姿勢による筋肉の阻血は筋肉の強張りを招きます。
筋肉が硬くなっているときに唐突に起き上がった場合、寝違えが発生しやすくなると言われています。

 

・両手の酷使

荷物を持ち運ぶといった動作を繰り返すと、首に負担がかかりやすくなります。
頚椎の筋肉に重荷がかかった状態になった場合、阻血につながりやすく、寝違えが発生しやすくなります。

 

・合わない枕を使っている

枕の高さが高かったり低かったりと、相性の悪い枕を常用している場合、首に負担がかかる要因の1つになります。
阻血が起こりやすいため、寝違えになりやすいです。
また快眠が難しくなる可能性もあります。

 

【寝違えの症状】

 

寝違えの症状とはどのようなものなのでしょうか?
主に次のようなものが挙げられます。

 

・首や肩の痛み、可動制限

痛みは首だけでなく、肩にまで感じる場合が多いです。
首を回せないほどの痛みが出るときもあります。
痛みのために可動制限がかかることもあり、その際は上向けなかったりうがいができなかったりといった事態も起こり得ます。

 

・頭痛、吐き気

阻血によって首の筋肉が強張ると、脳へ血液が届きにくくなる傾向があるためです。
頭への血が不足した結果、頭痛や吐き気といった症状につながってしまいやすくなるという仕組みです。

 

【改善しない場合】

 

寝違えは、基本的には適切な処置を行えば1週間程度で改善していきます。
ところが、中には1週間以上経ってもよくならない場合もあります。
その際は、次のような病気が隠れている可能性があります。

 

・頚椎椎間板ヘルニア

椎間板が突き出してしまう病気です。
突出した椎間板が脊髄や神経根といった神経を刺激することにより、しびれや痛みを生じさせます。
痛みが引かない場合や手足にしびれが出てきた場合は、頚椎椎間板ヘルニアの疑いがあります。

 

・関節リウマチ

関節に炎症が発生してしまう病気です。
関節の炎症により、関節に激痛や発熱などの症状が現れます。
痛みと言えば動作時に起こりやすいものと考えやすいですが、この関節リウマチは安静時にも起こりやすいことに特徴があります。
関節の強い痛みや腫れ、発熱などの症状が出てきた場合は、関節リウマチの疑いがあります。

特異な症状が出てきた場合は、以上のような病気の可能性もあるため、医療機関を受診しましょう。

寝違えの対処・予防方法について考えましょう

可動制限や頭痛、吐き気にまで発展してしまう可能性のある寝違え。

発症してしまった場合、改善のためには適切な対処が必要となります。
また発症しないよう、予防も大切です。

ここでは、寝違えの対処・予防方法についてご紹介します。

 

【寝違えの対処法】

 

寝違えの対処法とはどのようなものなのでしょうか?
寝違えの対処法は、痛みが強い急性期と、痛みが緩和した時期とでアプローチが異なります。
症状の改善のためには、それぞれの時期に応じた対処を行うことが重要です。

 

<急性期>

 

 

・安静

痛い時に無理に動かすと、症状を悪化させる恐れがあります。
身体を休めることも、寝違えの急性期には大切です。

 

・アイシング

筋肉の炎症の抑制が期待できます。
アイシングの方法としては、冷湿布を貼ったり、保冷剤や氷のうを当てたりといったものがあります。
保冷剤を使う場合は、凍傷を防ぐためタオルやハンカチ越しに患部に当てるようにしましょう。
アイシングの時間は1回10分から15分、頻度は1日数回がおすすめです。

 

<痛みが緩和し始めたら>

 

・首、肩回りのストレッチ、運動

あくまで痛みが緩和した場合に行うものであるため、痛みの強い急性期には行わないほうがよいでしょう。
痛い中で動かした場合、悪化してしまう恐れがあります。
ストレッチや運動は、痛みが落ち着いた段階で行うようにしましょう。

 

・ツボを押す

寝違えに有効とされるツボとして、落枕があります。
手を広げ、手の甲を見てみましょう。
人差し指と中指、それぞれの爪先から手の甲側に進むと、出っ張った骨があるのがわかるかと思います。
その出っ張った骨と骨の合間に位置するツボが、落枕です。
この落枕は寝違えを言い表し、正に寝違えの痛みを緩和する効果が期待できます。
落枕を親指の腹で、2~3分押してみましょう。

上記の方法を試しても痛みが続く場合は、上述した頚椎椎間板ヘルニア関節リウマチといった病気の可能性もあります。
放置せず、医療機関を受診してください。

 

【寝違えの予防方法】

 

寝違えの予防方法とはどのようなものなのでしょうか?
最後に、効果的とされる寝違えの予防方法についてみていきましょう。

 

・長時間の同一姿勢を避ける

同じ姿勢を長く取り続けると、首・肩回りの筋肉の阻血が起こりやすく、寝違えにつながりやすくなります。

そのため、深酒をしない・リラックスして疲れを取るなどの手段を取りましょう。
飲酒や疲労といった状態の防止により、寝違えにつながりやすい長時間の同一姿勢の予防が期待できます。

 

・ストレッチを習慣づける

特に首・肩回りのストレッチがおすすめです。
手で頭を抱え、横に倒す動作を左右繰り返してみましょう。
このようなストレッチの習慣が寝違えを起こしにくくします。

 

・睡眠時の環境に気を付ける

ソファや床などのベッド以外の場所で寝てしまうと、首に負荷がかかりやすくなってしまうことがあります。
ベッドでの就寝を習慣化し、首を不必要な負担から守りましょう。

 

・寝返りを促すような寝具を使う

寝返り適宜行うことで私たちは阻血を防いでいます。

そのため、寝返りがしやすい枕を使用することが大切です。
頭が肩と並行になるほどの高さの枕にすると、就寝時の筋肉の負担を軽減しやすくなります。

おけ接骨院 はり灸院【寝違え】アプローチ方法

寝違えは、筋膜が炎症を起こし発生していることが多く10日から2週間程首を動かせない程の強い痛みを生じることもあります。

当院では、寝違えに対して鍼施術でアプローチしていきます。
ほとんどの場合が、2回から3回程度の施術で7割程度痛みが落ち着き、その後は重だるい張っているような鈍痛が残ります。

鍼施術後は2週間程度この鈍痛を低周波療法筋膜リリースを併施し痛みや鈍痛がない状態まで施術いたします。
また、炎症期では日常生活動作以外の痛みを悪化させるような動き(筋力トレーニングやスポーツやマッサージなど)をお休みしていただき生活指導をさせて頂きます。

リハビリ期では自宅で簡単に出来るストレッチなどの指導も行いますので痛みの改善はもちろん寝違えの予防も期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長
オオオケ タカヤ
大桶 貴哉
所有資格:柔道整復師鍼灸師
生年月日:1988年10月3日
血液型: o型
出身: 東京都福生市
趣味: ゴルフ
得意な施術:ぎっくり腰や寝違えなど激しい痛みを伴う症状に対する鍼施術。

ご来院される患者様へ一言:
患者様に寄り添って精一杯施術いたします。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:おけ接骨院 はり灸院
住所〒197-0012 東京都福生市加美平1-14-17
最寄:JR青梅線「福生駅」
駐車場:隣接2台あり
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:30
-
15:30〜
20:30
- - -
定休日:祝祭日 その他不定休